埼玉 三協引越センターが荷造りの注意点をお教えします

サイトマップ
オフィスの引越はこちら 引越見積り 訪問見積り

荷造りの注意点

ご自分で荷造りをされるお客様へ
荷造りの際、注意するポイントを紹介します。


荷物別、荷造りの注意点

家具
家具は当日作業員が家具専用の資材を使って梱包します。
事前に家具に入っている中身をすべてダンボールなどに入れて、中身を空っぽの状態にしておいてください
(棚は外す必要はありません。また、扉、引き出しなどもガムテープで留めなくても結構です。)
照明器具
当日作業員が梱包いたします。
冷蔵庫
前日に中身を空にして、コンセントを抜いておきます。
食品・(栓のあいた)飲料水は、漏れたり、腐ったりする恐れがありますので運ぶことはできません。
製氷皿の水を捨てることも忘れずにお願いします。
ご新居では1時間ぐらいおいてからコンセントを入れてください。
テレビ、ステレオ、 パソコン
当日作業員が梱包いたします。リモコン類は一まとめにして梱包してください。
エアコンのリモコンは工事に必要になりますのでわかりやすい場所に置いておきましょう。
パソコンの大切なデータはバックアップを取っておきましょう。
パソコン、ビデオ、ステレオなどの、コード類は取り外し、何のコードかわかりやすくまとめておきましょう。
衣類
重ねる服は下着類が下で、ワンピースなどは上で、二つ折りにして入れます。
着物・毛皮類は専用箱を使ってください。
洋服ダンスなどハンガーにかかっている衣類は当日引越車両にハンガーBOXが搭載されていますので、そちらをご利用ください。(衣類の出し入れはお客様にてお願いします)
ふとん
ふとん袋へきれいに入れるには、軽い物からたたんで重ねて、その上からふとん袋をかぶせてひっくり返します。
ガラスなどの割れ物は絶対に入れないでください。
食器類
ダンボール箱は重ねて運搬しますので、こわれ物は盛り上がらないようにしてください。
食器は(M)サイズのダンボールを使用。
お皿は新聞紙などで、一個一個くるみ、隙間には新聞紙等を詰めて、運搬中箱の中で動かないようにしてください。
お皿は包装後、立てにして箱に詰めると割れにくくなります。コップは口側を下にして詰めてください。
ビン類
中身の入っている物は、ふたをしっかり閉め、ビニール袋に入れて新聞紙をまいたら、ダンボールの底に緩衝材を入れます。
ビンを仕切るようにひもをかけるのがコツです。「われもの注意!」の表示も忘れずに書いてください。
人形ケース
古新聞などを人形のまわりに詰め、動かないようにしてください。
大きい人形ケースは当日作業員が梱包いたします。
大きい壺や特殊な置物飾り物(一人で持てない壺やハクセイ等)
そのままにしてください。当日作業員が梱包いたします。
あまり大きくない壺や置物はエアキャップで巻いて(L)ダンボールに入れておいてください。
封はしなくて良いです。額縁も同様にお願いします。
小さい植木鉢
当日作業員が梱包いたします。
ガムテープのはり方
底面と上面は縦一本ずつで充分です、十字に貼る必要はありません。 四隅は基本的にガムテープでとめる必要はありません。 天地(上下)を間違えないようにしましょう。ダンボールに印刷されているイラスト文字などをよくみてください。逆さまに使用するとトラブルの原因となります。
名前・メモの書き方 (荷造りしたダンボールには必ずメモを書いておきましょう)
どの部屋に運ぶのか(引越先の部屋番号・収納スペース単位で名前を付け、その名前を書き記しておきます)、どこに収納するのか(家具、収納棚などの名前)、中身について(ダンボールに入れた物を忘れない程度に)、割れ物の有無、その他注意点について
引越先ですぐ使いたい物を入れたダンボールは、区別が付くようにしてください。
その他の注意点
ごみ袋を流用して荷物を入れない。
雑誌・書籍などヒモがけしない。
神棚、仏壇の中身、水槽内の生物に関してはお客様にてお取扱い運搬をお願いします。
ミニバイク・石油ストーブは燃料を完全に抜き取りストーブの点火用電源(電池)も はずしてください。 (発火する恐れがあります)